会長方針

2018-2019年度 会長方針

 2018‐2019年度のRI会長、バリーラシン氏のテーマは、「BE THE INSPIRATION」となります。
これは、「インスピレーションになろう」と訳されています。インスピレーションは霊感、ひらめきですが、励ます、元気づける、高める等の意味があります。
従って、この声明は、『私達ロータリアンは世界で、地域社会で、そして自分自身の中で持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指しています』ということです。即ち、前年度の「変化をもたらす」ことに、さらに、それを促進しようと言うことです。

宮城野ロータリークラブは、「手を取り合って、行動し続けることで奉仕に繋がるクラブ」になることを継続して目指します。RI会長の「それぞれのやり方でもっと何かをしよう」、と、田中ガバナーの「出来るところからやっていこう」と方針に沿って、これまでの様々な活動に加えて、今年度の方針を掲げさせて頂きます。

1. クラブのサポート強化
現会員の維持、そして会員数を1名以上は増やす。とくに、リーダーシップを発揮する女性会員や、次世代の架け橋となる若い会員の参加、育成を促す。

2. 人道的奉仕の重点化と増加
ポリオの撲滅という、未だ、残る3か国に対しての長年の夢の実現に貢献する。
青少年奉仕を多面的に継続する。

3. 公共イメージと認知度の向上
宮城野ロータリークラブが何をしているかという、クラブ史を記録することによって、クラブのプロジェクトに対する認識を高める。
マイロータリーへの登録を促進する。

2018‐2019年度は、全員が宮城野ロータリーで共に行動することが出来て良かったと、思えるそんなクラブでありますように、精一杯行動致しますので、皆様一人一人のご協力を宜しくお願い申し上げます。

仙台宮城野ロータリークラブ
2018-2019年度 会長
千葉  健

2018-2019年度 幹事方針

 2018-2019年 千葉会長の下で幹事を務める事になりました。
クラブに入会して5年目とまだまだ未熟ではございますが、会長を支えて、誠心誠意、職務を全うする所存でございます。そして会長方針である「手を取り合って行動し続けることで奉仕に繫がるクラブ」の実現に向かって各委員長、会員の皆様と協力して全力をつくしたいとおもいます。

幹事目標

会員増強を図ってクラブの活性化に繋げる。

より楽しい例会を目指し、出席率アップへ。

震災復興に繫がる奉仕活動を続けて行く。

変化を恐れず、良いアイディアは積極的に取り入れる。

以上を目標に、会員の皆様と共に更に元気なクラブをめざして行きたいと思います。
ご協力宜しくお願い致します。

仙台宮城野ロータリークラブ
2018-2019年度 幹事
小原 喜公夫

PAGE TOP